動脈硬化指数とは?

動脈硬化指数とは、『動脈硬化』の発症のしやすさを表した数値のことです。

(総コレステロール値-HDLコレステロール値)÷HDLコレステロール値という計算方法で求めることができます。

この数値が低ければ低いほど『動脈硬化』が起こりにくく、高ければ高いほど起こりやすいです。

数値4というのが基準となるので、これ以上の数値の場合は『動脈硬化』が起こりやすいと思ってください。

逆に、4以下の場合、今のところは『動脈硬化』の心配をする必要はないでしょう。

この数値だけでは血栓の有無を判断することはできませんが、『動脈硬化』指数が4以上の人は血栓ができている可能性が高いので、早めに精密な検査を受けることをオススメします。

コレステロールと聞くと悪いイメージが強いかもしれませんが、体にとって重要な物質ですから、安易に悪いと決め付けないでください。

通常は、HDLコレステロール(善玉コレステロール)とLDLコレステロール(悪玉コレステロール)のバランスが取れています。

でも、LDLコレステロールが増加してしまうと、『動脈硬化』を引き起こしてしまうため、注意が必要なのです。hmbは国産か海外製か?筋トレサプリのオススメはマッスルエレメンツ

子どもと共に満足できる海外旅行のまとめ

子どもと共に満足できる海外旅行のまとめ

親子連れでながら海外へ行く際、果たしてどちらを目的地とすれば良いのでしょう。家族全員で行く海外初旅行となると心労が絶えないものとは言え、せっかくの海外ですし一家揃って目一杯楽しめるように計画しましょう。家族全員での国外への旅行ツアーを使った場合、子ども向け機内食とベビーマットなどの備えに加えて、滞在先における乳母車や宿では家族部屋を手配する等、渡航先であっても快適な生活が出来るよう配慮されたオプションが目立ちます。帰宅するまでが旅行です。子連れならに対する遠慮からくたびれてしまうかも知れませんが、折角ですからできるだけ力を抜いて楽しみませんか?国外旅行に出掛ける時には、飛行機に搭乗中の時間の使い方を注意すると良いでしょう。

ライザップゴルフ